■NEW TECHNOLOGY Page

▼Detail

NEW TECHNOLOGY

IMG_1366.JPG IMG_1369.JPG IMG_1371.JPG IMG_1373.JPG
KAVW BODYBOARD
NEW TECHNOLOGY
3D.CONCAVE+3D.CONVEX

フレックス(しなり)柔軟性を求めて、ボードを薄くしてしまうと、柔軟性は上がりますがフレックスのリストア(戻り)が悪くなってしまいます。

そこで、レール寄りはボードの厚さを残しながら、デッキ面をコンケープ状(凹状)に薄く削る事により、フレックス柔軟性とリストアを兼ね備えた3D.CONCAVEを作りだしました。

そして、フレックスに張りを持たせる為にボードに厚さを持たせると、フレックス剛性は上がりますが、浮力が増してオーバーフローでターンがしずらくなってしまいます。

そこでボードセンターに厚さを持たせ、コンベックス状(凸状)にレール寄りを削る事により、レールの浮力を抑えターン性能を妨げる事無く、ボードの厚さによるフレックス剛性を上げた 3D.CONVEX を作りだしました。

この 3D.CONCAVE をノーズからワイデスト下まで入れ、ワイデストからテールにかけて 3D.CONVEX を組み合わせる事で、ボードのノーズからワイデスト下辺りまでがフレックス柔軟性が有り、ワイデストからテールにかけてはフレックス剛性の有るボードで、しかもフレックスのリストアが良く、ターン性能も良いボードが完成しました。

更にこのテストボードには、アウトラインカーブに沿って、インナーレールストリンガーを放射状に入れ、トーション(捻れ)のリストアもアップしたテクノロジー満載のボードです。

カノウボディボードのテクノロジーは進化し続けています!iPhoneから送信

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">